養蜂園歴史

新垣養蜂園の歴史

老舗養蜂場歴史

初代社長(左) 2代目社長(右)


初代の新垣盛弘は首里の出であるが、祖父の代に宮古へ移り住んだため、初代は宮古島で生まれ、19歳まで宮古島で暮らし、首里に戻ったのは戦後でした。

中学を卒業すると陸軍に入隊、昭和17年8月満州除隊で沖縄に帰ったが、当時は不景気で仕事がなく、仕方なく満州で事業をしていた叔父のもとへ行き、計理士として働く。

昭和19年帰沖したが第2次大戦で召集を受け、再び軍隊生活に。戦時中は八重山の守備隊員だった。終戦になると沖縄本島に戻り、先祖代々から地所、首里金城町に戻って家を構えました。

戦後の仕事はアメリカ軍の軍作業でした。やがて世の中が落ち着きを取り戻し、民間会社が出来始めるとすぐに転職。ある倉庫会社の計理士になる。その後、大宝館、国映館と職場を転じたが、当時は今と異なり、戦後の後遺症で物がなく、みな苦しい生活を余儀なくされていた時代でした。

そんな時に佐賀県の養蜂家山口雄三さんと出会うことに。山口さんは蜂蜜の普及と種蜂販売のために来沖したもので、初代に対し蜂蜜のすばらしい栄養価やローヤルゼリーの神秘的な効果について説いた。この話を聞いてすっかり蜜蜂の虜になった初代は早速種蜂を2箱購入した。山口さんは「沖縄は1年中暖かく四季を通じて花が咲き蜂蜜が採れてもうかりますよ。」といった。

当時の月給は40ドルだったので、1箱(1万匹)で20ドルというのは不相応の買い物だったが、家計の苦しさを助けるため、副業として養蜂をやろうと思ったのです。初代と他4名が、沖縄で最初に養蜂を始めました。

蜜蜂の飼い方や蜜の採り方はわりと易しかったのでうまくいったが、当時は健康食品など皆無だったし、蜂蜜のことも知らない人が多かったため、蜂蜜は全く売れず、家計を助けるたしにはならず、収穫した蜂蜜はやむなく自家用として消費することに。自家用として蜂蜜を愛用しているうちに、初代は蜂蜜の神秘的な味にとりつかれ、細々と養蜂を続けていきました。

待てば海路の日和ありというが、1970年代頃から健康食ブームが起こり、突然蜂蜜の売れ行きがよくなってきました。それ以来、2代目社長も加わり専業養蜂家になりました。

初代は『ミツバチは人間のために神様が創って下さった不思議な昆虫で、農作物の増産にも貢献し、大きな利益をもたらしている。』と言っていました。

蜜蜂はまさに人類のために生まれてきたような昆虫だと初代の讃美は尽きません。

これから求められる養蜂家

近年、宅地開発、農薬散布などの影響を受け、蜂産品出荷量(採蜜量など)が減ってきています。

今後の養蜂家は『自然と人間の共存』をテーマに啓発活動と植栽活動を行っていくことが重要です。

植栽は地元の原種を中心に年中花が咲くことを目標とし、子どもから大人までどのような自然環境が必要か考えるために働きかけしなければいけません。

ミツバチは半径2kmを餌場として飛び交っています。別名『環境監視昆虫』と呼ばれています。ミツバチの減少は環境悪化の証拠であり、自然からの警告です。

ミツバチという声なき小さき者の代弁者として、本当の意味で『人と自然がともに生きる』という課題に向き合い、この地を『乳と蜜の流れる約束の地』となるように努め、どんな生き物にとっても天国となるような環境のために活動し、啓発していいくことに力を注いでいきたいと考えています。

私自身、生かされていることへの感謝と喜び、未来への祈りを持ち続けるだけでも多くの葛藤があり、成長へ糧であると信じています。

これまで支えていただいた、多くの方と思いを賛同する方への感謝は尽きないようにしたいものです。心は燃えても、身体は弱いものです・・・(笑)

ミツバチ生産者(沖縄養蜂家)

人類とミツバチの関わり

ミツバチは私たち人間と昔から深い関わりをもってきました。

エジプト遺跡からミツバチを飼っていたことがわかったり、ミイラにプロポリスを塗っていたことなどがわかっています。

ハチミツのイメージが先行していますが、蜜蝋(蜂の巣)は夜を灯すキャンドルとして使われ、ヨーロッパではチーズを包むためにも使われています。

ハチの子は近年では耳鳴りに効果があると期待されています。

プロポリスは天然の抗生剤として注目を浴びています。沖縄産プロポリスは抗菌作用、抗酸化作用が世界一という研究結果が出ています。

ローヤルゼリーは若返りや自律神経の伝達を助けるための栄養素が豊富に含まれています。

ミツバチの蜂毒はエジプト時代から腰痛などに使っていること、人間の作り出す神経物質を含んでいるため、神経の麻痺が回復したりと秘めた力を持っています。

昔からミツバチの生み出すものに捨てるものは一つもありません。

近年ではミツバチが地球上から絶滅してしまうと『人類は4年後に滅亡する』と言われています。それは、ミツバチが人類の食べ物の約60%の受粉に貢献しているからです。

地球の守護神ともいえるミツバチの働きには感謝しかできません。

これから自然と人間が共存できる未来を守るため、昆虫の視点に立つことを忘れてはいけません。

 

沖縄産はちみつ 国産はちみつ

国産プロポリス 国産ローヤルゼリー

国産みつろう  国産花粉

受粉用みつばち販売/種蜂 蜂針療法

アクセス お問い合わせ
※上記項目をクリックいただいても、ページの移動ができます。